手術・治療のご案内SURGERY / TREATMENT

PLDDとは

椎間板変性・ヘルニアに由来する腰痛症状に対して、椎間板にレーザーを照射することで症状の改善を図る治療です。

当クリニックで行っているレーザー法の特徴

従来行われている腰椎ヘルニアに対するレーザー法(PLDD)は、中央に残存している正常椎間板を焼いて縮ませて緊満した椎間板の圧を下げることで腰痛症状の軽減を期待する手術です。しかし、期待どおりに椎間板の圧が下がらなければければ、効果が無いばかりか中央部の正常椎間板が火傷を負い椎間板変性が進むことになります。

当クリニックで行われるレーザー法(PLDD)は、経皮的内視鏡(PELD)で培ったテクニックを用いています。

一般なPLDDは椎間板中央部にレーザーを照射しますが、当院はレーザープローベを異常椎間板部に留置し、脱出したヘルニアを直接治療しますので上記の心配は少ないと言えます。この方法はPELDを実施していない施設では真似ることが難しいテクニックです。

さらに神経周囲を洗浄することで、神経周囲の癒着を剥離し神経の動きをよくします。硬膜外の疼痛物質も同時に洗い流されます。

本来、正常な椎間板には感覚神経はありません。椎間板は加齢による変化や、傷などの変性が進むと,感覚神経が入り込んで痛みの原因となります。PLDDではレーザーが発する熱による熱治療効果により、椎間板内に入り込んでいる感覚神経の感受性を下げ、腰痛症状の軽減が期待できます

椎間板ヘルニアでも、神経障害の強い下肢症状が主体のヘルニアに対する治療効果は安定していません。従って、あくまでも「軽度のヘルニア」が対象の手術法です。

手術のリスク・副作用等について

  • 術後血腫
  • 感染
  • 神経損傷

当グループではこれらの可能性を低減するべく、リスク管理の徹底、治療機器の開発、診断機器の導入、技術の研鑽を行っております。手術に関するリスクについても詳細に説明いたしますので、ご心配事は当院医師にご相談ください。

軽度の椎間板ヘルニアに有効なレーザー減圧術PLDD

軽度の椎間板ヘルニアに有効なレーザー減圧術PLDD

軽度椎間板ヘルニアでは局所麻酔後、1mmの針を刺し、その中からレーザーファイバーを通して、ヘルニア膨隆部を熱凝固収縮させる方法です。軽度のヘルニアが対象であり、15分程で終了の日帰り手術です。一般によくやられているのは椎間板中央部にレーザーを照射しますが、当院は膨隆部(飛び出たヘルニア)そのものに照射をおこなっています。痛みの原因となる病巣は椎間板の中央ではなく、膨隆部である神経周辺だからです。さらに椎間板亀裂部から水を流出させ、神経との癒着を剥離します。硬膜外の疼痛物質も同時に洗浄されます。治療費は健康保険適用外で、一カ所45万円、追加手術12万円です。

レーザー減圧術PLDDとは

レーザーファイバー先端拡大図

レーザーファイバー先端拡大図

先端は丸くなっておりレーザー光線が円形となる

円形のレーザー光線

円形のレーザー光線

光の乱反射により先端では円形の光線が発せられ、髄核の蛋白質を熱凝固する

軽度ヘルニア膨隆の縮小化

レーザーファイバー先端拡大図

手術前

椎間板後方中央部の線維輪が破綻し、椎骨洞神経が刺激され、椎間板性の疼痛(discogenic pain)が生ずると腰痛・殿部痛となってくる

円形のレーザー光線

手術後

レーザー照射後、髄核突出部の縮小が1~3ケ月後に認められてくる。discogenic painが軽減し、腰痛が消失した

疼痛軽減のメカニズム

  • 膨隆髄核の凝固収縮による神経への圧迫力の減少。(減圧術といわれる由縁)
  • 椎間板性疼痛の原因である線維輪椎骨洞神経を焼却し、疼痛を軽減します。thermal annuloplasty(熱性線維輪形成術)
  • また、疼痛物質を水で洗い流すことも炎症を抑制する効果があります。(硬膜外腔洗浄効果)

腰椎経椎間孔刺入法 transforaminalアプローチ

胸腰椎椎間板ヘルニアは、上はTh12/L1からL5/S1まで可能です。(後側方刺入にて椎間孔より椎間板に針を刺入。transforaminal法)。椎間板中央部に蒸散空洞化する方法では、椎間板の不安定性が発生する危険性がありますが、東京腰痛クリニックでは椎間板後方部のみの凝縮術が可能です。

腰椎経椎間孔刺入法

お問い合わせご予約CONTACT

受付時間 火~土曜 9:00~12:00/14:00~17:00(完全予約制。まずはお電話ください)