手術・治療のご案内SURGERY / TREATMENT

  1. トップ
  2. 手術・治療のご案内
  3. 脊椎すべり症とは

脊椎すべり症とは

脊椎すべり症とは

正常な椎体の並び
腰椎分離症

L5の椎体と椎弓との間に疲労骨折が生じています。

分離すべり症

疲労骨折が生じたままであることで後ろへの安定性が損なわれ、前方に椎体がすべり出ています。

変性すべり症

どこにも骨折はありません。加齢的な変化によって前方に椎体がすべり出ています。

脊椎(背骨)を構成する椎骨は、通常簡単にずれることはありませんが、椎間関節や椎間板が変性することなどによってずれが生じた状態を、「脊椎すべり症」といいます。脊椎すべり症は腰椎で生じることが多く、腰痛や下肢のしびれの原因となったりします。

脊椎すべり症には、脊椎分離症を伴っている「分離すべり症」と、分離症を伴わない「変性すべり症」の2種類があります。

「分離すべり症」は、まず、分離症が先に生じます。分離症は、腰部を後ろに反らす動作や回旋運動が繰り返し行われることで腰部に過剰な負荷がかかることによって椎弓狭部(関節突起間部)に生じた疲労骨折が治らないまま分離した状態となっていることをいいます。分離症の原因である疲労骨折は、骨の成長過程である10代の成長期に激しい運動をしている子供や、スポーツ選手に多くみられ、初期に適切な治療がなされないと分離症に移行します。そして、分離部が乖離して椎体のずれを生じた状態が分離すべり症です

「変性すべり症」は、中高年に多くみられます。疲労骨折がない状態でも、加齢に伴って椎間板(ついかんばん)が変性し不安定となり、椎体のずれを生じた状態が変性すべり症です。分離すべり症に比べて脊柱管狭窄を伴うことが多いという特徴があります。

症状

「分離すべり症」では、腰痛が生じやすく、腰を後ろに反らす動作など、分離部分に負荷が掛かる動作で痛みが増強します。分離部などで神経根(しんけいこん)への圧迫が生じてくると、下肢の痛みやしびれなどを生じることもあります。

一方で、分離症を伴わない「変性すべり症」では、脊柱管狭窄を伴い易いため、中を通る神経根や馬尾神経が圧迫され下肢の痛みやしびれ、間欠跛行(かんけつはこう)、排尿障害などの症状が見られます。

この様に脊椎すべり症では、すべりの不安定性の程度、椎間あるいは分離部の変性の程度、神経圧迫の部位や程度などにより、腰部から下肢にかけての種々の症状が出現します。

治療

「脊椎すべり症」の治療の第一選択は、鎮痛剤・安静(コルセット)・リハビリなどの保存療法であり、痛みに対してブロック注射なども行われます。保存療法でもあまり改善が見られない場合には、手術が検討されます。

手術方法は、症状がどの部分の異常から生じているのかにより異なります。例えば、分離部が不安定なことによる腰痛が問題であれば、分離部固定術(ぶんりぶこていじゅつ) が選択されます。分離部で神経が圧迫を受けていることが問題であれば分離部除圧術(ぶんりぶじょあつじゅつ)、脊柱管狭窄が問題であれば脊柱管拡大術、すべりの椎間不安定性が問題であれば椎間固定術(ついかんこていじゅつ) の適応となります。手術では、神経への圧迫を取り除き、不安定な状態になっている背骨の安定をはかることを目的とします。

治療の方法の選択は、疾患の程度や状態によって決定されますので、経験の豊富な脊椎の専門医師に相談されることをお勧めいたします。

お問い合わせご予約CONTACT

受付時間 火~土曜 9:00~12:00/14:00~17:00(完全予約制。まずはお電話ください)