手術・治療のご案内SURGERY / TREATMENT

  1. トップ
  2. 手術・治療のご案内
  3. 椎間孔狭窄症とは

椎間孔狭窄症とは

椎間孔(ついかんこう)とは

脳から出た神経は、背骨の中を通って骨盤まで続いています。その途中で神経は枝分かれし、椎骨(ついこつ)同士の間にある孔(あな)から出て、筋肉や内臓につながっています。この孔のことを椎間孔(ついかんこう)といいます。

椎間孔狭窄症(ついかんこうきょうさくしょう)とは

椎間板がつぶされて骨と骨の間が狭まったり、骨自体が変形したり、椎間孔付近にある黄色靱帯(おうしょくじんたい)が肥厚したために椎間孔が狭くなることで、神経が圧迫された状態のことを椎間孔狭窄症(ついかんこうきょうさくしょう)といいます。

椎間孔狭窄症は基本的に加齢変化で生じます。すなわち、運動や職業などによる負担による椎間板の老化や、日常生活における悪い姿勢や、身体の動かし方によって腰椎に歪みが生じることが主な原因となっています。

症状

腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)と症状が似ており、腰部から下肢にかけての痛みやしびれが主体です。

しかし、椎間孔狭窄症の場合、右ないし左片側だけの症状であることがほとんどであるという特徴があります。痛みしびれ症状が激烈になる事の多いことも特徴としてあげられ、また、腰を横や斜め後ろに反らすと痛みが出ることもあります。

診断方法

椎間孔狭窄症の診断は、身体症状、神経学的検査とMRIなどの画像検査の結果を同時に照らし合わせながら行っていきます。場合によっては神経根に麻酔をかけて反応を確認し診断して行くこともあります。診断が難しく、見逃されてしまうこともありがちな病態のため、脊椎の専門医師による診察が必要です。

治療

まずは投薬やブロック注射などの保存療法で治療していきますが、改善が見られない場合や、症状が強い場合には、手術が検討されます。

お問い合わせご予約CONTACT

受付時間 火~土曜 9:00~12:00/14:00~17:00(完全予約制。まずはお電話ください)