手術・治療のご案内SURGERY / TREATMENT

  1. トップ
  2. 手術・治療のご案内
  3. 慢性腰痛とは

慢性腰痛とは

腰に痛みを感じてから3カ月あるいは6カ月以上経過しているものを「慢性腰痛」と呼びます。慢性腰痛は、原因や状態は様々で、小さいお子さんから、ご高齢の方まで幅広い方に見られます。

「腰痛」は病気の名前ではなく腰が痛いという症状であり、原因が見つかっていないだけで診断できる病気が隠れている場合があります。

詳しくは「腰痛」をお読みください。

当院での治療

当院では、脊椎ドック(脊椎精密検査)を通して、問診・身体診察および神経学的検査・脊椎の画像検査を総括的に行うことで、それまで原因のはっきりしていなかった、いわゆる「慢性腰痛」と言われていた方であっても、病気の原因を特定することが第一と考えています。原因が特定されれば腰痛は治療し治すことができる可能性があります。

脊椎ドック(脊椎精密検査)についての詳細は、こちらをお読みください

脊椎ドック 詳細

しかし、「慢性腰痛」の原因の全ては未だ解明されていません。脊椎ドック(脊椎精密検査)をしても原因の特定できない「慢性腰痛」となることもあります。原因の特定出来なかった「慢性腰痛」に対して当院で実施している治療が2つあります。

1.「リゾトミー」

リゾトミーとは、腰痛を感じる知覚神経を焼灼し、腰痛に対する神経の感受性を減少させて、腰痛を軽減する手術です。
腰痛そのものを感じにくくする治療ですので、原因が特定出来ていな痛みに対しても効果が期待出来る治療です。

2.「筋肉由来の症状に対して」

近年、「痛み」を感じる原因として筋肉の凝りに関係があるのではないかとの研究が進んでいます。その第一人者である東北大学名誉教授の国分正一先生の特別外来を毎週水曜日に当院で実施しています。腰痛ばかりでなく、頭頚部や上下肢痛・しびれなど、明らかな原因のわからない様々な症状に関しての「K点診療」(筋肉由来の症状を中心として改善していく診療)を行っております。

原因不明の腰痛や様々な不快な症状でお悩みの方は、一度国分先生の特別外来を受診してみてください。

お問い合わせご予約CONTACT

受付時間 火~土曜 9:00~12:00/14:00~17:00(完全予約制。まずはお電話ください)