手術・治療のご案内SURGERY / TREATMENT

  1. トップ
  2. 手術・治療のご案内
  3. 脊椎圧迫骨折とは

脊椎圧迫骨折とは

脊椎圧迫骨折とは

脊椎圧迫骨折は、上下方向からの力が加わって生じる背骨の骨折です。

正常な背骨では高所からの転落など大きな力が加わらなければ生じない骨折ですが、年齢とともに骨がもろくなり、尻もちをつくなどの軽微な衝撃でつぶれる場合や、知らない間に徐々に体の重みを支えきれずに椎体がつぶれてしまうことがあります。閉経後の女性に多く、骨粗しょう症も大きな原因の一つと言われています。

骨折を生じると少しの体の動きでも腰や背中に痛みを感じ生活が著しく制限されてしまいます。治療が順調にいけば、数ヶ月で骨折が癒合して痛みも軽減します。

圧迫骨折後の椎体偽関節(ついたいぎかんせつ)

圧迫骨折の治療が上手く行かないと、いつまで経っても骨癒合が得られない偽関節となり、痛みが長く続いてしまうようになります。ひどい場合には、神経麻痺を生じ、寝たきりの原因となってしまう可能性のある、圧迫骨折の重篤な後遺症の一つです。

診断方法

脊椎圧迫骨折の診断は、いつから、どのような状況で、どんな痛みが出現したのかなどの病歴をお聞きし、お体のどこが痛いのか、痛み以外に神経の障害を生じていないかなどを診察します。

そして、単純レントゲンMRICTの画像診断にて確定診断をします。

単純レントゲンでは骨折による椎体変形が確認出来ます。しかし、新しい骨折では当初レントゲンでは分からないものがあります。また、新しい骨折なのか、すでに治ってしまい変形のみ残っているのかも判断困難です。

MRIでは、新しい骨折なのか治ってしまっているのかの診断が可能です。そして、CTでは、治療方法の選択に重要な骨折の形態の詳細を診断します。

治療

一般的に新鮮な圧迫骨折の治療は、痛み止めを飲んで安静にするだけであったり、しっかりとしたコルセットを装着したり、入院して治療したりと様々な方法が行われています。治療方法によっては、疼痛が長く続いたり、長い安静のために体力が低下してしまったり、骨折が治らない偽関節化の可能性が高かったりする場合があります。

当院では、疼痛を出来るだけ早く軽減し、生活への支障が減少し、偽関節化の危険を軽減するために、骨セメントを使った低侵襲手術による治療法を採用しています。また、偽関節化してしまった骨折に対しても、骨セメントを注入する事で骨折の安定化が得られ、疼痛の軽減が期待出来ます。

  • 『尻餅をついたり物を持ち上げてから背中が痛い』
  • 『朝起き上がる時に痛い』
  • 『痛くて寝返りができない』
  • 『圧迫骨折の治療をしているが痛みが続いている』
  • 『背中が丸くなった』

などが当てはまる場合は、現状の確認と治療方法について、一度、脊椎の専門医師に相談をしてみましょう。

また、脊椎圧迫骨折や偽関節のベースには、骨粗しょう症があります。骨粗しょう症についてしっかりと診断・治療を行う事がこの病気の予防・治療に非常に重要です。

お問い合わせご予約CONTACT

受付時間 火~土曜 9:00~12:00/14:00~17:00(完全予約制。まずはお電話ください)