腰痛、首痛、手足の痺れ、椎間板ヘルニア、背骨の痛みなど頸椎・胸椎・腰椎疾患の治療、脊椎疾患の予防と早期発見を目的とした脊椎ドック(脊椎精密検査)を行っています ~中央区銀座にある東京腰痛クリニック~

経皮的 内視鏡下 腰椎椎間板ヘルニア摘出術:PELD(ペルド)

PELD

最小の切開にて、筋肉・骨・靭帯を切らずに、鉛筆ほどの細い内視鏡を体に通し、確実にヘルニアをつまみ出す手術です(成功率94%)
お体に負担が少ないので、早い社会復帰が可能です。
最新鋭の機器と高度なテクニックの両方を兼ね備えた先進的な手術法です。
世界的には既に普及している手術なのですが、日本においては、この手術を行える医療機関はまだ少ないのが現状です。しかし、当クリニック医師は既に十分な執刀実績を持っておりますので、ご安心ください。

私どもは、「PELD」「PED」を含む「最小侵襲脊椎手術(Minimally Invasive Spine Surgery)」と呼ばれる手術法について、毎年、世界中からトップレベルの医師達を集めた学術集会の主催者を務め、論文も多数発表するなどして、この分野におけるトップランナーとして世界規模で学術発展に貢献しております。
(学術貢献に関することは、ここをクリックしてご覧ください。)(愛知本院のホームページより)

(他院の)レーザー法(PLDD法)

通常行われているレーザー法(PLDD)は、中央に残存している正常椎間板を焼いて縮ませることで脱出した異常椎間板がへこんでくることを期待する手術です。
期待どおりにへこんでこなければ、効果が無いばかりか中央部の正常椎間板が火傷を負い椎間板変性が進むことになります。
また、中度以上のヘルニアに対応する場合には、効果がなかったり、正常椎間板をたくさん焼く必要から椎間板障害を助長する可能性もあるので、あくまでも「軽度のヘルニア」が対象の手術法です。
尚、当クリニックでもレーザー法(PLDD)を行っておりますが、左記のPELDで培ったテクニックを用いています。
すなわち、針先は異常椎間板部に留置し、脱出ヘルニアを直接治療しますので上記の心配は有りません(軽度~中度のヘルニアが対象)。
この方法はPELDを実施していない施設では真似ることが難しいテクニックです。

<PELD(ペルド)の特徴>

  1. 内視鏡で病巣を直視しながら、しっかりと切除するので、成功率(94%)が高い
  2. お体に負担が少ないので、社会復帰が早い。日常生活に早く戻れる。
  3. 切開が極めて小さい。筋肉・骨・靭帯を切らずに、病巣に到達する。
  4. 原則、日帰り手術
     (通常であれば病院にて切開手術(2~3週間の入院)となる程の重症度のヘルニアに対して、大きな治療効果が有り、当クリニックでは、原則「日帰り」で行えます。但し、全体の1割くらいの方は、ヘルニアの形状や位置の関係で1泊入院が必要となる場合もあり、その場合は愛知本院にて実施させていただきます。)
  5. 局所麻酔で行うので、安全。(MED法・LOVE法は全身麻酔です。)
  6. 手術でできる傷口は目立たない



PELD(ペルド)』とは、英文名”Percutaneous Endoscopic Lumbar Discectomy”の頭文字を取った呼び方です。日本語名は「経皮的 内視鏡下 腰椎椎間板ヘルニア摘出術」です。

  • 経皮的= 手術の切開が極めて小さく、筋肉・骨・靭帯を切らない
  • 内視鏡下= 内視鏡で病巣を直視しながら行う
  • 腰椎= 腰の背骨のこと
  • 椎間板= 骨と骨の間のクッションのこと
  • ヘルニア= そのクッションから中身が外に飛び出している状態
  • 摘出術= 飛び出しているヘルニアを直接つまみ出す手術

医療法人 全医会
東京腰痛クリニック

〒104-0061 東京都中央区銀座5丁目1-15第一御幸ビル(2、3階)
→アクセス

脊椎ドック(脊椎精密検査)予約受付番号:
TEL:03-5537-3885 FAX:03-3572-3778
(受付時間 火~土曜 9:00~18:00)日・月曜、祝日 休み

あいちせぼね病院での手術

医療法人 全医会
あいちせぼね病院

あいちせぼね病院は、整形外科学、神経外科学、ペインクリニック、一泊椎間板ヘルニア手術、二泊脊柱管狭窄症手術を取り入れた腰痛・ヘルニアの専門医療機関です

〒484-0066 愛知県犬山市五郎丸上池31-1
TEL:0587-92-3388 FAX:0587-92-3304

このページのトップへ